カテゴリ:Travail( 1 )

何年ぶりでしょう。。。

久しぶりにお弁当を作りました。
(10年ぶり???くらい?)
d0192803_10214163.jpg


お弁当を作るのはキライでした。
でもいつの間にかワタシの得意なものになりました。

ワタシの住む地域は中学生からお弁当持参でした。
母親が病気だから。。。という理由で強制的にお弁当を作る事になりました。
もちろん、なんにも作れません。
毎日半べソをかきながら台所に立ちました。

初めてのお弁当は黄色いゴハン(我が家は玄米だったので・・・)
そして渦のほとんどない玉子焼き。ピーマンのいためたの。ソーセージ。

初めてのお弁当ってお母さんたちはとっても張り切って作っていらっしゃいます。
周りのお友達のお弁当は真っ白なご飯とカラフルで美味しそうなおかずがいっぱい。
自分の地味なお弁当が恥ずかしくってお弁当のフタで隠すように食べたのを今でもよ〜く覚えています。

そこからは毎日必死でした^^;
友達のお弁当を覗いて・・・
「お母さん、ミートボール持って行きたいから明日のお買い物お願いね」
「はい。挽肉」
「・・・え?」
そうです。我が家は冷凍食品やいろんな加工食品を禁止されていました。
でもワタシが食べたいミートボールにはならないんです。
ケチャップ入れたらいいのかな?トマト煮???どうしたらみんなのミートボールと同じになるの????
その時はなんにも分からなかったから「こんなんじゃないの」と母と格闘。
 お弁当のおかずは5つ以上作る
 玉子焼きの具は変える
 いろんな色のおかずを入れる
勝手にルールを作りました。
そんなおかげ?でみんなとはちょっと違うけど、でもフタで隠さなくてもいいお弁当が作れるようになりました。

先日、弟と話していたら「中学のとき、黄色いゴハンが嫌でフタで隠してた」
と衝撃の告白が・・・。
そうですよね。いくら玄米が身体によくても、思春期の子供にはやっぱり真っ白なキラキラしたごはんが嬉しいです。今でもおナベのフタを開けた時のあのキラキラした真っ白なご飯を見るとワクワクします。

随分お話がおかしな方にいってしまいましたが・・・
いろんな事を思い出しながらいただきました。
[PR]
by cotton-r | 2011-01-28 00:00 | Travail